甘味処 月ヶ瀬

月ヶ瀬の歴史は昭和元年(1926年)
四条河原町で開いた一軒の京菓子司
「若狭屋吉勝」に始まります。
店の一角には小さな茶房。

そこでお出ししたのは和菓子の材料となる
糸寒天や丹波大納言で作ったあんみつやお善哉。
その味がいつしか評判となり
現在の甘味専門の店へとなりました。

屋号は梅のふくよかな香りを好み
名所にちなんだ「月ヶ瀬」。
「あんみつの月ヶ瀬」と呼ばれ愛された味と精神は
四代目にも受け継がれています。

甘いものがもたらすひと時の幸せを
どうぞお楽しみ下さい。



より大きな地図で 月ヶ瀬 を表示